私がどのようにしてわきがを克服したか、その道のりについてお伝えいたします!

超音波を使ったわきが手術を選んだ訳

わきが手術

ワキガで悩んでる人は誰でも一度は手術を受けるべきか悩んだことがあるはずです・・しかし、重度のワキガではない限り全額自己負担でかなりお金がかかりますし、友人がかなり前に受けた手術跡がかなり痛々しく残っているのを見ると、一生残るのはちょっと抵抗があります・・また、痛みや腫れも気になるので仕事をしながら手術が可能なのか気になりますよね?そんな悩みを抱えていた私ですが、先日ようやくワキガ手術を受けることにしました!好きな人ができどうしても告白したいと思ったのがきかっけで調べてみると昔とは違う様々な手術方法があることを知り、やはりワキガ治療も進化していると実感しました。

私が選んだのは超音波による手術方法で手術とは言えないのではないかと思うほど簡単で傷跡もほとんど目立たない画期的な治療方法なのです!脇の目立たない部分を数ミリ切開しそこからアポクリン汗腺を超音波によって破壊、熱処理、取り除く方法でわずか20分という短時間で完了する体にも負担がかからない手術なのです。超音波によって細部までアポクリン汗腺を処理できるので、術後は臭いの心配がなくなり跡もほとんど残らないので新しい人生が始められる気がします。

何よりうれしいのが痛みや腫れの心配がほとんどなく通院や抜糸も必要ありません。シャワーなら当日からOKで仕事も重い物を持たないなら大丈夫!週末を利用すれば誰にも気付かれずにワキガ手術が出来てしまうのです。超音波を使った手術は私のようにワキガの人には最適ですが、多汗症を併発している人にはあまり効果がないようです・・臭いは消えても汗の量は変わらないと言うことです。ワキガ手術は他にもたくさんあり、美容外科でしか受かられない方法や重度の場合は皮膚科で保険適用の手術を受けることもできます。

こんなに技術が進歩しているなんて知らなかったので、今まで悩んでいたのが馬鹿馬鹿しくもっと早く手術を受ければよかったと思っています。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional